ロータリー財団について

ロータリー財団とは

ロータリー財団の正式名称は、国際ロータリーのロータリー財団です。ロータリー財団の使命は、ロータリアンが、健康状態を改善し、教育への支援を高め、 貧困を救済することを通じて、世界理解、親善、平和を達成できるようにすることです。財団への支援を通じて、ロータリ アンは、人々の生活向上に貢献する力を得ることができるのです。

財団への寄付

クラブの会員は、次の各基金への寄付を通じてロータリー財団を財政的に支援することができます。

       ・年次プログラム基金(「毎年あなたも100ドルを」)

       ・恒久基金

       ・使途指定寄付(ポリオ・プラス基金など)

       ・その他(冠名奨学金、冠名基金など)

       ロータリー財団への寄付の説明と寄付へ

 

未来の夢計画

ロータリー財団が2017年に創立 100周年を迎えることを踏まえ、管理委員会は、財団が奉仕の第二世紀に移行するための計画を立てています。ロータリー財団の使命は、ロータリアンが、健康状態を改善し、教育への支援を高め、貧困を救済することを通じて、世界理解、親善、平和を達成できるようにすることです。 そして「世界でよいことをしよう」という新しい標語は、財団管理委員会とRI理事会、ならびに規定審議会によって承認されました。未来の夢計画は以下を目的としています。

       ・財団の使命に沿って、プログラムと運営を簡素化すること。

       ・ロータリアンにとって関連性のある世界の優先的二ーズに取り組むことによって、最大の成果が期待できるロータリアンの奉仕活動に焦点を絞ること。

       ・世界的目標と地元の目標の両方を果たすためのプログラムを提供すること。

       ・意思決定をさらに地区に移行することによって、地区レベルとクラブレベルで、ロータリー財団が自分たちのものであるという自覚を高めること。

       ・ロータリー財団の活動に対する理解を深め、ロータリーの公共イメージを高めること。

 

 

シェア・システム(Share System)

財団プログラムに参加することは、財団の成功の重要な一翼を担うことである。管理委員会は、寄付の使途について地区に発言権を与え、地区が最大限プログラムに参加できるように、資金の配分に関するシェア・システムを開発した。このシステムを通じて、

       1)ロータリアンは、世界中のロータリアンとその資産を シェア(共有)する

       2)財団管理委員会は、意思決定の権限の一部を地区をシェア(分与)する

       3)ロータリアンは、財団を通じて世界中とロータリーをシェア(共有)するすべての地区の年次プログラム基金へ寄付、および恒久基金寄付シェアの収益は、DDF(地区財団活動資金)WF(国際財 団活動資金)の二つの活動資金に分けられる。これら2つの資金は50%DDFに、50%WFに分配される。財団は、WFからの資金を、全ロータリー地区が利用できる世界的なプログラムのために使用する。地区は希望する財団の補助金とプログラムに充当するためDDFを使用する。財団独自の資金周期では、地区からの寄付が3年後にプログラムの為に使用される。この3年周期によって、地区はプロジェクトの計画や参加者の選考のための時間が持て、財団は寄付金を投資することができる。一方、管理運営費全般と寄付増進経費は投資による収益で賄われる。

 

()ロータリー米山記念奨学会

()ロータリー米山記念事業とは

ロータリー米山記念奨学事業とは、全国のロータリアンからの寄付金を財源として、日本で学ぶ私費外国人留学生に奨学金を支給し、支援する国際奨学事業です。将来、日本と世界とを結ぶ「懸け橋」となって国際社会で活躍し、ロータリー運動の良き理解者となる人材を育成することが事業の使命です。その歴史は50年以上前にさかのぼります。平和を愛し、青少年に手をさしのべた日本ロータリーの父"米山梅吉氏の遺徳を記念する事業として、1952年、東京ロータリー・クラブは、海外からの留学生を支援する国際奨学事業を始めました。やがてそれは、日本全国のロータリー・クラブの共同事業として発展し、1967年に文部省(現・文部科学省)を主務官庁とする財ロータリー米山記念奨学会が設立されました。50有余年の歴史を持ち、世界に類を見ない日本ロータリー独自の多地区合同奉仕活動となっています。

米山記念奨学会の特色

一番の特徴は、その規模です。米山奨学生の採用数は年間800人。世界規模で展開しているロータリー財団国際親善奨学生の年間採用数と同じです。これだけの外国人留学生を支援している奨学団体は、事業規模・採用数とも日本国内では民間最大です。これまでに支援した奨学生数は累計で15,130(20094月現在)、その出身国は、世界116の国と地域に及びます。米山学友(元米山奨学生)は、韓国駐日大使やスリランカ警察庁長官、韓国、台湾のガバナーに就任した人など、世界中で活躍しています。

世話クラブ・カウンセラー制度

米山奨学金には、奨学金による経済的な支援だけでなく、ロータリー・クラブ独自の世話クラブとカウンセラー制度による心の通った支援があります。

世話クラブとは?

日本には約2,300のロタリー・クラブがあります。そのうち 1つのクラブが、1人の奨学生の「世話クラブ」となります。米山奨学生は世話クラブの例会に月に一度出席し、ロータリー会員と積極的に交流して国際交流・相互 理解を深めるとともに、ロータリーの奉仕の心を学びます。

世話クラブで行われること

       a)米山奨学生は月に1回例会へ出席

       b)奨学金の受け渡し

       c)スピーチその他、親睦活動、奉仕活動への参加など

 

カウンセラーとは?

奨学生1人に対し、世話クラブのロタリアンの中から1人がカウンセラーとなります。カウンセラーは、奨学生の個人的ケアにあたるアドバイザーです。米山奨学生とロータリアンの交流は、相互理解のみならず、双方にとって財産となるものです。

指定校・学校推薦制度

ロータリー米山記念奨学会では、「指定校・学校推薦制度」によって奨学生の募集と選考を行っています。

指定校・学校推薦制度とは?

この制度は、各ロータリー地区の選考委員会が大学(学校)を指定して各指定校から候補者を推薦してもらい、学内選考で選ばれた申込者を、各地区の選考委員会が選考するシステムです。したがって、応募学生は、在籍する学校での選考と、ロータリーの地区選考委員会による選考の2段階の選考を受けることになります。指定校はロータリー地区選考委員会で毎年協議され、8月中旬ごろ米山記念奨学会HPに掲載されます。

ロータリー米山記念奨学金の種類

2009年度 ロータリー米山記念奨学金一覧

ロータリー米山記念奨学金

月額

期間

募集方法

人数

学部課程奨学金 (YU)

10万円

最長 2

指定校・学校

推薦制度

792 ()

地区奨励は1名枠で2名採用可能

修士課程奨学金 (YM)

14万円

博士課程奨学金 (YD)

14万円

地区奨励奨学金

7万円

1

クラブ支援奨学金 (CY)

14万円

6ヵ月か 1

世話クラブ推薦

海外学友会推薦奨学金 (SY-A)

14万円

1

海外学友会推薦

2

現地採用奨学金 (ベトナム)

7万円

修士 2

博士 3

現地公募

6

 

 

奨学会に対する寄付金

1.普通寄付金

日本の全ロータリアンからクラブを通じて定期的にする寄付。各クラブで会員1人あたりの金額を決定し、会員数分を半期に一度送金します。

2.特別寄付金

個人、クラブまたは法人として、普通寄付以外に寄付されるもので、金額も時期も問いません。特別寄付はロータリー・クラブ以外の個人、法人、団体からも受けることができます。(税制上の優遇措置あり)

       *クラブ創立記念特別寄付クラブの創立記念事業として特別寄付をされたクラブに対する表彰制度。創立記念寄付の盾を贈呈します。(10万円以上)

       *遺言寄付金ロ一タリアンの申し出による遺言寄付金を受ける制度。

      

       米山記念奨学会の寄付の種類と寄付        

 

表彰制度

(1)準米山功労者(個人)

個人の特別寄付金の累計額が3万円に達したとき、準米山功労者として登録されます。(表彰はありません)

(2)米山功労者(個人)

個人の特別寄付金の累計額が10万円に達したときに、第1回米山功労者として表彰され、感謝状が贈られます。第2回から第9(20万円~ 90万円)に達した方を「米山功労者(マルチプル)」、第10回以上(100万円以上)の方を米山功労者(メジャードナー)と呼び、10万円ごとに感謝状、100万円ごとにピンバッジが贈られます。

(3)準米山功労法人

法人として特別寄付金5万円に達したとき、準米山功労者法人として登録されます。(表彰はありません)

(4)米山功労法人

法人が累計50万円の特別寄付をされたとき、米山功労法人として感謝状が贈られます。この場合、個人として重複しての米山功労者の表彰はありません。

(5)米山特別功労法人

法人からの特別寄付金累計額が100万円に達したとき、以降100万円毎に、米山特別功労法人として表彰され、盾もしくは感謝状(選択可)が贈られます。

(6)米山功労クラブ

クラブの特別寄付金の累計額が100万円に達したとき、米山功労クラブとして感謝状が贈られます。クラブの特別寄付金額には、個人、法人の特別寄付金も集計されます。第2回目からは100万円ごとに感謝状が贈られます。

(7)達成クラブ

普通寄付金と特別寄付金の合計した累計額が、1千万円に達したときは、「1千万円達成クラブ」として、感謝状が贈られます。以後、1千万円増額達成ごとに同様に表彰されます。

3.免税措置について

米山記念奨学会への特別寄付金は、所得税、法人税、相続税の寄付金控除対象となります。